ジェンダーリビールとは?ケーキ以外でもできる?ユニークなアイテムやアイディアで楽しもう

studioTO-WA(スタジオトーワ) 大阪・心斎橋の前撮り出張写真撮影スタジオ、レンタル
大阪でニューボーンフォト出張写真撮影ならstudioTO-WA(スタジオトーワ) TOP > お役立ちコラム > ジェンダーリビールとは?ケーキ以外でもできる?ユニークなアイテムやアイディアで楽しもう

2023.2.27

ジェンダーリビールとは?ケーキ以外でもできる?ユニークなアイテムやアイディアで楽しもう

197View

産まれてくる赤ちゃんの性別は、家族にとって大きなニュースとなりますよね。

そうした大切な「性別発表」をサプライズとして実行してみませんか?

ジェンダーリビールと呼ばれるサプライズのやり方や、サプライズをするときに用意したいアイテムのアイディアをご紹介していきます。

ジェンダーリビールとは?

ジェンダーリビールとは、お腹の中の赤ちゃんの性別を発表するために行うサプライズイベントのことです。

「Gender(性別)をreveal(明らかに)する」という意味の通り、これまではまだ性別がわからなかった赤ちゃんの性別を確認したあと、旦那さんや家族へ向けて発表することを目的としています。

ジェンダーリビールの文化はアメリカで生まれ、その華やかさやハッピーな雰囲気からどんどん広がっていきました。

近年では、SNSでジェンダーリビールについてのポストを目にする機会も増えてきています。

その結果、国を問わずもちろん日本でもジェンダーリビールを行う家庭が増えてきているのです。

ジェンダーリビールのやり方について「必ずこうでなければいけない」というルールはありませんが、最も一般的なのがケーキを使ったサプライズです。

「ジェンダーリビールケーキ」とも呼ばれるケーキは、男の子なら青やぶどうを使ったケーキ、女の子ならピンクやいちごを使ったケーキとなります。

一見すると生クリームのケーキに見えるけれど、ナイフを入れると内側に仕込まれていたカラークリームやフルーツがお目見え……という形になります。

サプライズならではのドキドキ感と、美味しいケーキの両方を楽しみながら性別を発表できるでしょう。

詳しくは後述しますが、ケーキの他にもさまざまなアイディアがありますので「甘いものはちょっと……」という人は、他の方法を検討してみましょう。

ジェンダーリビールをするときの流れ

ジェンダーリビールを行うときにはまず、産婦人科へ行って性別を教えてもらうところからはじまります。

お腹の中の赤ちゃんの性別は、時期によっても見極めにくいもの。

「多分、男の子(女の子)だと思いますけど……」というように、病院の先生も曖昧なまま話を進めることもあるでしょう。

このタイミングでジェンダーリビールをするのは時期尚早と言えますから、タイミングの見極めは慎重に行いましょう。

医師が自信を持って性別を判断し、伝えられたらサプライズの準備をはじめます。

ジェンダーリビールに使うケーキなどは、店舗へ注文しても構いませんし、手作りをしてもいいでしょう。

そのほか、サプライズをより華やかにするためには部屋の飾り付けをするのもおすすめです。

雑貨屋や100円ショップでも、ガーランド、風船、フラワーなどのグッズが手に入りますので、飾りつけをしながら環境を整えます。

体調などに不安があるときには、友人や家族にサポートしてもらってください。

旦那さんなど、サプライズをする相手がやってきたら早速ジェンダーリビールのスタートです。

いよいよ性別がわかる瞬間の表情やリアクションは、動画や写真に残しておきましょう。

妊婦さんへ向けたジェンダーリビールをするのも◎

一般的にジェンダーリビールとなると、病院で確認してもらった妊婦さんが旦那さん、または両親などへサプライズする……というケースが多いものです。

しかし、この場合だけでなく妊婦さんに向けてサプライズをすることもあります。

その場合には、早い段階で産婦人科の先生に「性別は伝えないでください」と伝えておきます。

そして、性別がわかったときには付き添いの人のみに教えてもらったり、手紙などに書いてもらったりして妊婦さんにはわからない状態にします。

そして、先に性別を知った旦那さん、両親、友人などが妊婦さんへジェンダーリビールを行う……という流れになります。

いずれのケースにしても、大事なのは「本人の意思を確認すること」です。

中には「実際に産まれてくるまで性別は知りたくない」という人もいますし、「一刻も早く知りたい」という人もいます。

驚いてもらいたい、喜ばせたいという気持ちで行ったサプライズが、「知りたくなかった……」などの悲しい気持ちの引き金になってしまうこともあるでしょう。

できるだけ早いタイミングで、性別が分かったときにはどうしたい?と確認をしておきましょう。

ケーキの他にもあるジェンダーリビールのアイディア

ジェンダーリビールには、さまざまなアイディアがありそのための商品も多数展開されています。

例えば、キャンディやクッキー、シュークリーム、大福などの商品にもジェンダーリビール用のアイテムがあります。

一見すると普通のキャンディやクッキーですが、中に入っているフルーツの種類や味で性別がわかります。

「中に入っていたクリームがピンクだったから女の子だ!」
「メロン味だから男の子だ!」

など、家族みんなでわいわい食べながら楽しむことができますよ。

「ホールケーキは食べ切れる自信がない!」というときには、このようなお菓子類がおすすめです。

そのほかに、おにぎりやパンの具を使ったジェンダーリビールのアイディアもあります。

お皿に盛り付けるときに華やかに飾り付け、「男の子なら◎◎、女の子なら△△」と、中に入っているものの味でわかるようなメモを添えておきましょう。

おにぎりなら「男の子はこんぶ、女の子は明太子」パンなら「男の子ならソーセージ、女の子ならチーズ」というように、わかるように明記しておいてください。

食べるまでドキドキワクワクを味わうことができ、甘いものが苦手な人にもおすすめです。

そのほか、食べ物以外のアイディアとしてジェンダーリビールバルーンというものがあります。

これは、大きなバルーンの中に紙吹雪や小さなカラーバルーンが入っていて、そのカラーで性別がわかる商品です。

ドキドキしながら割れば、中からふわっと出てくる紙吹雪やカラーバルーンでサプライズでき、目にも楽しいでしょう。

まとめ

ジェンダーリビールとは、お腹の中の赤ちゃんの性別が判明したときに行うサプライズのことです。

ケーキで行うのが一般的ですが、シュークリームや大福、おにぎりやパン、バルーンなど「中から何か出てくる」というものであればどんなものでもできますよ。

楽しいサプライズの瞬間は、ぜひしっかりと形に残しておきましょう。

PICK UP

studioTO-WA(スタジオトーワ)

studioTO-WA(スタジオトーワ)

大阪・心斎橋で出張撮影 ニューボーンフォト・新生児赤ちゃんベビーの撮影・マタニティフォトスタジオなら『studioTO-WA』。お子さんの大きさをそのまま残せる「等身大パネル・アルバム」がおすすめ!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

新着記事一覧