マタニティフォトはお腹を出さないまま撮影できる!衣装やポーズを工夫して印象的な一枚を叶えよう

studioTO-WA(スタジオトーワ) 大阪・心斎橋の前撮り出張写真撮影スタジオ、レンタル
大阪でニューボーンフォト出張写真撮影ならstudioTO-WA(スタジオトーワ) TOP > お役立ちコラム > マタニティフォトはお腹を出さないまま撮影できる!衣装やポーズを工夫して印象的な一枚を叶えよう

2022.11.25

マタニティフォトはお腹を出さないまま撮影できる!衣装やポーズを工夫して印象的な一枚を叶えよう

3View

妊娠中にしか撮影できないマタニティフォトは、家族にとって大切な思い出となりますよね。

しかし、マタニティフォトというと一般的にお腹を出すポーズがイメージされやすく「露出をするのはちょっと抵抗がある……」と足踏みしてしまうこともあるのではないでしょうか。

そんなときには「お腹を出さないマタニティフォト」を撮影してみてはいかがでしょうか?

お腹を出さないマタニティフォトのメリットとは?

大きなお腹を映し、出産前のひとときを写真に残すマタニティフォトは、家族にとって大切な思い出となります。

そんなマタニティフォトだからこそ、写真のメインとなるのはやはりお腹ですが、「素肌のお腹を撮るのは恥ずかしい」と感じてしまうのではないでしょうか。

妊娠中のお腹は丁寧にケアをしていてもどうしても妊娠線や正中線が目立ってしまいます。

そのため、「わざわざ写真に残したくない!」と抵抗感を覚えてしまうかもしれません。

そんなとき、お腹を出さないマタニティフォトなら気になる部分を隠しながら思い出の写真を実現できます。

お腹を隠すことによって、寒さや冷えといったデリケートなお悩みからも解放されやすくなるでしょう。

お腹を出さないことで、より日常的な雰囲気を演出できるのも魅力です。

おしゃれな衣装で着飾った写真ではなく、何気ない日常を切り取ったマタニティフォトを叶えられます。

自然体の写真だからこそ、見返すたびにこの時期のことを新鮮に思い出せるかもしれません。

お腹を出さないマタニティフォトを撮影するときの注意点

お腹を出さないマタニティフォトは前述のような魅力がある一方、撮影の仕方によってはお腹が目立ちにくくなってしまいます。

人によっては、ゆったりした服を着ているとお腹が思うように目立たないこともあるでしょう。

せっかく撮影したマタニティフォトも、マタニティフォトとわかりにくい状態になってしまうかもしれません。

大きなお腹や、妊娠線、正中線なども妊娠期ならではのもの。

ありのまま残しておくことで、いずれ懐かしく見返すことになるでしょう。

とは言え、「お腹を出さないとマタニティフォトが撮影できない」というわけではありません。

衣装選びにこだわることで、お腹を出さずとも印象的なマタニティフォトにできますよ。

お腹を出さないマタニティフォトにおすすめの衣装

お腹を出さないマタニティフォトでは、基本的には普段着用しているようなマタニティウェアを着用することになります。

例えばお腹のしめつけが気になりにくいワンピースなどがおすすめです。

ワンピースは苦しさを感じにくくシンプルに着用できる上、デザインによってきちんと感もアピールできます。

光沢のある素材は高級感を感じさせ、写真撮影の際にも映えます。

そのほかにもレースやチュールのような繊細な素材がたっぷり用いられたドレスは、普段着というよりもフォーマルなイメージを引き立ててくれるでしょう。

お腹の形にフィットしてくれる、とろんと柔らかい素材も意識してみてくださいね。

より特別感を演出したいときにおすすめなのは、マタニティドレスです。

レースやオーガンジーのマタニティドレスは、ますます華やかな印象にしてくれる衣装です。

日常から離れ、幻想的なマタニティフォトを撮影したいときにもぴったりですよ。

花かんむりやアクセサリーも組み合わせながら、印象的な衣装を実現しましょう。

あまり女性らしいスタイルがお好みでない方には、カジュアルな服装もおすすめです。

Tシャツにジーンズといったラフなスタイルは、抜け感のあるマタニティフォトになります。

どんなスタイルなら自分らしいマタニティフォトになりそうか、自由に考えてみるといいかもしれません。

お腹を出さないマタニティフォトにおすすめのポーズ

お腹を出さないマタニティフォトでは、例えばエコー写真を使ったポーズがおすすめです。

お腹の前でエコー写真を持ったポーズは、お腹の中の赤ちゃんに想像を巡らせることにつながります。

エコー写真を愛おしそうに見つめるママの写真や、エコー写真に顔を近づけるパパの写真など、複数撮影してみましょう。

お兄ちゃんやお姉ちゃんがいるのなら、その子と一緒にエコー写真やママのお腹を見つめる写真もおすすめですよ。

「お腹を出さないとお腹が目立たなくなってしまうのでは?」と不安なときには、カメラに向かって横向きになるポーズを意識しましょう。

正面の写真だけだとお腹が目立たない場合にも、横向きなら目立ちやすくなります。

手を添えて撮影したり、パパが後ろから抱きしめるようにしたりしてみてくださいね。

まとめ

マタニティフォトは、衣装やポーズに注目することでお腹を出さずとも印象的な一枚を実現できます。

どんな写真にしたいのか具体的にイメージしながら、自分らしい衣装やポーズを探してみましょう。

studioTO-WA(スタジオトーワ)では、プロの手によって思い出に残るマタニティフォトを実現いたします。

PICK UP

studioTO-WA(スタジオトーワ)

studioTO-WA(スタジオトーワ)

大阪・心斎橋で出張撮影 ニューボーンフォト・新生児赤ちゃんベビーの撮影・マタニティフォトスタジオなら『studioTO-WA』。お子さんの大きさをそのまま残せる「等身大パネル・アルバム」がおすすめ!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

新着記事一覧