ニューボーンフォトとは?撮影の基本情報とおすすめの撮影場所

studioTO-WA(スタジオトーワ) 大阪・心斎橋の前撮り出張写真撮影スタジオ、レンタル
大阪でニューボーンフォト出張写真撮影ならstudioTO-WA(スタジオトーワ) TOP > お役立ちコラム > ニューボーンフォトとは?撮影の基本情報とおすすめの撮影場所

2022.4.2

ニューボーンフォトとは?撮影の基本情報とおすすめの撮影場所

69View

赤ちゃんは、大人の目からすると信じられないほどのはやさですくすくと育っていくものです。

かわいい赤ちゃんが産まれてきたときには、そのかわいさと今しかない大事な時間を残しておくことが大切です。

そのために「ニューボーンフォト」を撮影するパパママは、少なくありません。

ニューボーンフォトとはなんなのか、どのように、いつ撮影すべきかといった基本情報をご紹介していきましょう。

ニューボーンフォトとは?

ニューボーンフォトとは、生まれたばかりの赤ちゃん、すなわちいわゆる「新生児期」の赤ちゃんを撮影する記念写真のことです。

ニューボーンフォトの文化はもともと、ヨーロッパやアメリカで生まれたとされています。

欧米諸国では赤ちゃんが産まれたときそのめでたいお知らせを家族や友人にするために、赤ちゃんの写真を撮影し手紙に添えて贈ることが一般的でした。

こうした文化が、ニューボーンフォトのきっかけになっていると考えられます。

さらに、時代の流れとともに日本へも上陸しました。

新生児期だけのかわいさや、貴重な姿をきちんとした形で残しておくことはやはり魅力的ですよね。

ニューボーンフォトでは、衣装や小物のコーディネートを自由に行えます。

新生児期ならではのおくるみや衣装で小ささ、かわいらしさを強調すれば、思い出に残る写真を実現できますよ。

SNSで「ニューボーンフォト」で検索してみることでも、かわいらしい写真の雰囲気を知ることができます。

ニューボーンフォトの魅力

ニューボーンフォトの魅力はなんと言っても、すぐに成長する赤ちゃんの大切な時間を残しておけることでしょう。

すくすく育っていく赤ちゃんは、1ヵ月も経てばあっという間に生まれたばかりの頃とは印象が変わっていくものです。

そして産後まもなくは、お母さんの体調も安定しにくく、どうしても赤ちゃんの細かな所作や姿を見逃してしまうこともあるかもしれません。

しっかり目に焼き付けていたとしても、やはり日ごと成長していく赤ちゃんの「今」の姿は、貴重なものです。

ちいさな赤ちゃんの姿を残しておくことは、大きくなったときに見直す喜びはもちろんのこと、数年後、数ヶ月後に見ても懐かしく感じられるかもしれません。

特に二人目や三人目の子どもは、はじめての子どもよりも写真が少なくなりやすいと言われています。

上の子のお世話などもあり、どうしても手が回りにくく知らずしらずのうちに撮影回数が減ってしまう可能性があるためです。

そんなときも、ニューボーンフォトを撮影することで大事な時期を見逃さずに残すことができるでしょう。

ニューボーンフォトの撮影方法とは?

ニューボーンフォトを撮影する方法はさまざまあります。

自宅内で撮影する場合や、スタジオで撮影する場合などさまざまな方法がありますが、やはりせっかくならスタジオでプロに撮影してもらうのがおすすめです。

今、スマートフォンで何気なく写真を撮影する機会も多いからこそ、自宅で撮影した写真はどうしても同じような雰囲気になりがちです。

もちろん、光の取り入れ方や衣装、小物によって雰囲気を変えることはできるものの、せっかくニューボーンフォトを撮るのなら印象的な写真を実現したいですよね。

スタジオ撮影なら、写真を撮影するために作られた空間で美しい写真を実現できます。

まるで、映画や広告のワンシーンのような印象的な写真を撮影できるでしょう。

プロに撮影を頼めば、赤ちゃんはもちろん、ご家族も一緒に映ることができるのも大きな魅力ですよ。

ニューボーンフォトの安心・安全な撮影を叶えるために

魅力的なニューボーンフォトを撮影するためには、撮影時に注意すべきこともたくさんあります。

産後まもなくのママも生まれたばかりの赤ちゃんも、非常にデリケートな存在です。

撮影時のちょっとした気配りによって、ケアできる部分も多いので十分注意しましょう。

まずは、撮影時の温度管理です。

撮影時、せっかくならかわいい衣服を身につけたいと考える人は多いもの。

すると、被写体の赤ちゃんがほかの人よりも薄着すぎる・厚着すぎる状態になりかねません。

スタジオ内の温度や湿度を見ながら、無理のないスタイルを心がけましょう。

同様に、ポージングについても赤ちゃんに無理をさせないように注意しましょう。

「こんなポーズで写真を撮りたい」という気持ちが先行しすぎて、無理に赤ちゃんを押さえつけるようなことをしてしまうと、赤ちゃんにとって写真撮影=怖いものと印象づいてしまいます。

いったん赤ちゃんが泣いてしまうと、そのあとの撮影がスムーズにいかない可能性も高くなります。

まずは、赤ちゃんをリラックスさせてあげましょう。

さらに生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱いので、衛生面の気配りも必須です。

野外や衛生的でない環境では、赤ちゃんに思わぬ負担をかけることにもなりかねないので十分注意しましょう。

ニューボーンフォトの撮影はstudio TO-WAで

studioTO-WA(スタジオトーワ)は、大阪の写真スタジオです。

ニューボーンフォトのほか、マタニティフォト、ウエディングフォト、記念日の写真撮影など、さまざまなシチュエーション・ロケーションの撮影に対応しています。

ニューボーンフォトでは、赤ちゃんやご家族の体調を第一に考え、衛生的かつ心地よい空間での撮影を実現。

小物やセットを活用しながら、赤ちゃんのかわいさが引き立つ写真をご提案いたします。

今しか撮れない、世界観のある写真を残しましょう。

まとめ

ニューボーンフォトとは、生まれたばかりの赤ちゃんの姿を印象的に撮影した海外生まれの文化です。

日本でも、成長の早い赤ちゃんのとびきりかわいい瞬間を残せることから人気が集まっています。

studioTO-WA(スタジオトーワ)では、ニューボーンフォトのご依頼を受け付けておりますのでぜひお気軽にご相談ください。

PICK UP

studioTO-WA(スタジオトーワ)

studioTO-WA(スタジオトーワ)

大阪・心斎橋で出張撮影 ニューボーンフォト・新生児赤ちゃんベビーの撮影・マタニティフォトスタジオなら『studioTO-WA』。お子さんの大きさをそのまま残せる「等身大パネル・アルバム」がおすすめ!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

新着記事一覧